一般事業主行動計画
株式会社三石ハイセラム
0869-62-0354

ラミング材

ラミング材の特徴

ラミング材は、エアーランマーなどを使用して突き固めて使用するタイプの不定形耐火物です。
水分の有無で乾式ラミング材と湿式ラミング材に分類されます。

ラミング材の分類1.乾式ラミング材

乾式ラミング材は、主に誘導加熱炉のライニングに使用される不定形耐火物です。
主に鋳鉄ではシリカ質、鋳鋼ではアルミナ-マグネシア質が使用されています。

シリカ質乾式ラミング材(MS、FS、Sシリーズ)

製品例 : MS-1、FS-40、S-3など

シリカ質乾式ラミング材(MS、FS、Sシリーズ)

操業条件に応じた、溶融シリカ質と天然シリカ質の製品をラインナップしています。
使用部位や炉の大きさに合わせて、ホウ酸添加量の異なる製品を取り揃えています。

アルミナ-マグネシア質乾式ラミング材(RSシリーズ)

製品例 : RS-18M、RS-18SPなど

アルミナ-マグネシア質乾式ラミング材(RSシリーズ)

シリカ質に比べて耐熱温度に優れており、溶湯温度の高い鋳鋼でも優れた耐用性を有しています。

ラミング材の分類2.温式ラミング材

湿式ラミング材は、予め水などを加えて混錬された粒紛状の不定形耐火物です。
施工時の混錬が不要な点は、パッチング材と同様ですが、パッチング材に比べて水分量が少ないため、収縮や亀裂の発生などが少なく、緻密で耐食性にも優れています。
主にエアランマーを使用して、突き固めるように施工を行います。

湿式ラミング材(HAT、PZLシリーズ)

製品例 : HAT-176、HAT-190、PZL-1など

湿式ラミング材(HAT、PZLシリーズ)

使用する場所の特性に応じて、アルミナ質、アルミナ-SiC質、SiC質、ジルコン質などの様々な材料を取り揃えています。

ページトップへ