一般事業主行動計画
株式会社三石ハイセラム
0869-62-0354

耐火物について

耐火物について MENU

耐火物(Refractories)とは

鉄鋼工業用、高温重化学工業、各種反応容器の内張り、これらの溶融物の流量制限などに用いられる耐熱材料で、耐火度が1500℃以上の耐火れんがおよび最高使用温度が800℃以上の不定形耐火物、耐火モルタル、耐火断熱れんがとされています。
一般的に、耐火というと建物の耐火ボードを想像しますが、ここでいう耐火物は、建築用などに用いられる燃えない材料とは別の材料です。

英語ではRefractoriesと表現されますが、これは“我慢強い”を意味し、その名の通り次のような特性を期待される工業材料です。

《耐火物の特性》

  1. 高温で溶融、軟化、変形、発揮しないこと
  2. 高温でメタル、スラグ、雰囲気ガスに侵されないこと
  3. 高温で炉体構造保持に十分な強度と耐熱衝撃性があること
  4. 炉内、容器内の製品を汚染しないこと
  5. 製品の生産性と経済性が良いこと
ページトップへ