一般事業主行動計画
株式会社三石ハイセラム
0869-62-0354

耐火物の歴史

耐火物について MENU

耐火物の歴史

耐火物は、近代工業の発展とともに西欧において開発され、下記のように多くの耐火れんがが発明されました。耐火物は工業炉の発展とともに発展し、様々な工業炉の操業を可能にし、また炉の長寿命化に貢献をしてきた材料です。

1820年 けい石れんが、粘土・高珪酸れんが
1880年 マグネシアれんが
1886年 クロムれんが
1913年 ドロマイトれんが
1932年 クロマグれんが
1950年 ジルコンれんが
1960年 炭化珪素れんが
1970年 窒化珪素れんが
1975年 ダイレクトボンドれんが
1980年 マグカーボンれんが
1985年 サイアロンれんが、アルミナ・SiC・Cれんが
ページトップへ