株式会社三石ハイセラム
0869-62-0354

耐火度のおはなし

耐火度のおはなし

耐火物は、超高温で使用される為、その耐火物がどの程度の温度まで耐えられるかが重要です。
様々な試験が行われますが、目安のひとつとして古くから有名なものが、ゼーゲルコーンに耐火度測定(軟化点測定法)です。
ドイツのH・ゼーゲルが考案した為、このように呼ばれています。
測定方法は、標準ゼーゲルコーンと被検体コーン数本を一緒に加熱し、被検体コーンに対する溶倒状態の標準ゼーゲルコーンの傾きなどから、耐火度を予測します。
耐火物は、非常に融点・沸点の高いものから成り、炉を支える素材である為、完全に溶けてしまってはいけません。変形が始まってその体裁を維持できなくなった様子をゼーゲルコーンがぐにゃりと曲がったような様子にあてはめてイメージしてみましょう。
一般的に‘耐火物’と呼ばれるものは、従前はSK26判の温度以上に耐えられることとされていましたが、現在は、1500℃の温度以上の耐火煉瓦および最高使用温度が800℃以上の不定形耐火物を指します。

SK 溶倒温度℃ SK 溶倒温度℃
02a 1060 19 1520
01a 1080 20 1530
1a 1100 26 1580
2a 1120 27 1610
3a 1140 28 1630
4a 1160 29 1650
5a 1180 30 1670
6a 1200 31 1690
7 1230 32 1710
8 1250 33 1730
9 1280 34 1750
10 1300 35 1770
11 1320 36 1790
12 1350 37 1825
13 1380 38 1850
14 1410 39 1880
15 1435 40 1920
16 1460 41 1960
17 1480 42 2000
18 1500